人形地獄に堕ちて・・・

         人形地獄に堕ちた私の日々つらつら

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家2体目の Antique Bisque


Category: 創作人形 > Bisque Doll   Tags: ---
101106a.jpg

先にお迎えしたフレンチ BEBE ドールは<遊ぶ>ってタイプのドールではないので、
お着替えをさせたりもっと気軽に遊べるドールが欲しくなり、ドイツのアンティークドールをお迎えしてみました。

※アンティークドールは怖いと感じる方もおられると思うので、そういう方は今回の記事はパスして下さい。
 でも、是非3・4年経ってからもう1度ページを見て頂きたい。 たぶん見え方が変わっていると思いますよ。


101106b.jpg

この子は、ヘッドマーク  S 9 H 1009 DEP
Simon & Halbig シモン&ハルビックという会社の モールドナンバー 1009 の9号ヘッドです。

ドイツのドールはかなりの数が売買されているしモールドの種類も多いので、
どの会社の どのモールドの どのサイズの 子をお迎えしようかとかなり悩みました。

101106c.jpg

シモン・ハルビックドールと言えば、
1078 1079 あたりの Dolly face の子や、 1248 1249 の Santa などの可愛いお顔が人気どころですよね。

が、このお嬢は可愛いというよりも、やや凄みのある、ちょっと怖さを感じるお顔をしています。
左右がもの凄く非対称な顔なので、見る角度によって表情が変わる面白さがあります。
※写真で見るよりも実物の方が不揃いだと強く感じます。
1009 というモールドは初期の Character Child Doll なのだそうです。
さらに ヘッドマークに Germany の文字が無い事から、1890 年ぐらいまでに製造されたのでは? ということでした。

101106d.jpg

私がドイツっ子を選ぶにあたって一番気にしていたことは、<視線>なんです。
ドイツっ子は左右の視線が揃っていない子が多くて、私はそれがどうも苦手だったので、なんとか揃って見える子をと。

このお嬢の目は スリープグラスアイで、ほとんど真っ黒に見えるぐらい濃いブラウンの瞳をしています。
スリープはスムーズに動きますが、私は目を閉じた時に見える瞼の部分が嫌いで、目が閉じないようにヘッド内に
詰め物をしました。 瞼の肌色部分って変色してヒビが入っていたりするので怖いんですよね・・・。

101106e.jpg

お洋服は現代の新しいものを着ていますが、下着や靴、人毛ウィッグは古いものだそうです。

101106f.jpg

まだ子供なはずなのに、おばちゃんのような貫禄もかもし出してます、、、よね (≧m≦)
このお嬢、ボディが信じられないぐらい綺麗なんですよ。



スポンサーサイト
テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用

アンティークベビードレス


Category: 創作人形 > Bisque Doll   Tags: ---
100920a.jpg

今年になってから、急にというか、ついにアンティークドールの世界にちょっと目覚め始めてしまい、
1人フレンチのアンティークビスクをお迎えしてしまったんです。 よって私のお財布はピーピー状態です。

私のひーばあちゃんぐらいの年齢にあたる彼女はこの年齢になって日本に連れてこられようとは思ってもいなかったはず。
言葉も文化も分からない彼女を1人置いておくのは可哀相でついつい手を伸ばして抱っこしてしまったり、
いろいろプレゼントを買い与えてしまったり、彼女にばかり気をとられてしまってたんです。
が、ふっと・・・・  他の子達はそんな状況をどう思っているのだろう・・・
なんか、他の子達にも同じように手をかけてあげないと、意固地な子になってしまう気がして、
AMさんには新しい人毛のウィッグとベビードレスを。 友重先生っ子には正絹の着物を。
レミ先生っ子は衣装を2着もってるので、ちょっと我慢してもらってます。 ゴメンよぉ~ 

100920b.jpg

今日はそのベビードレスのお披露目です。

100920c.jpg

AMをお持ちの方から人間用のベビードレスはサイズ的に合うよ と伺っていたので
AMをお迎えした当時は気にかけてみてたんですがすっかり忘れちゃって、先日骨董ジャンボリーに行った際
会場にベビードレスが結構出品されていたのを見て、あぁ~!そうだ!! 再び思い出したんです。
このドレスは会場でゲットしたのではなく、ヤフオクです。

100920d.jpg

これはイギリスのアンティークのベビードレスなんだそうで、
コットン生地にコットンの手刺繍のホワイトワークレースがふんだんに使われています。
※ホワイトワークっていうのは白糸刺繍のことです。
アンティークレースに詳しくないし、私の拘りは 「本当にアンティークか」 ってことよりも 「 素敵かどうか 」 なので
これはアンティーク、ヴィンテージ、いづれに該当するものか分かりませんけれど、とにかく実物を見ると
あまりの刺繍の綺麗さに感動ものです。

100920e.jpg

このお花のレース部分が全て手刺繍だと思うと、気が遠くなるような作業に頭が下がる思いです。

100920f.jpg

刺繍部分の拡大。
↓ は現代もののちょっと細かく刺繍の入ったマシーンレース。

100920g.jpg

表から見ても裏から見ても、「ふっくら度」が全然違いますよね~

100920h.jpg

もちろん世の中にはもっともっと凄い手刺繍のレースがあって、ハンカチに数十種類の刺繍が施されたものとか・・
そこまでのクラスになると20cm四方のハンカチサイズぐらいで ン十万 しますよね~。

が、このぐらいの手刺繍でも十分満足です。 自分じゃ真似できませんもの。 
アンティークレースを買って、自分でベビードレスを作るってテも有りますが
着丈が95cmほどあるので、そのサイズの服にこれだけ沢山のレースを使うとなると・・・
材料を買うのと既成を買うのとトントン、いや返って高額になる気が。。

100920i.jpg

実際手にするまで気づかなかったのですが小さな袖がついていて、ちょうど肩のボールジョイントを隠してくれました。
私はダイレクトに着せちゃってますが、こういうドレスは無地のコットンのアンダーを着せてからきるのが普通なのかな?
デコルテの開き具合といい、袖の具合といい、サイズがちょうど良くてビックリしました。
後ろの部分は、襟ぐりとハイウエストの切り替え位置の2箇所を紐で結ぶタイプで、多少絞ることができ、
よりフィット感を高めることができるので、AMに着せるにはほんとに好都合な作り。

ここから先の写真は出品者さんの写真に手を加えたもの。 ドレスが大きいので全体の写真を撮るのが大変で
無断転載させて頂いています。 購入者なのでどうかお許しを。。。

100920p.jpg  ドレス全体はこんなカンジです。


100920q.jpg

身頃部分

100920r.jpg

ドレス裾部分

100920s.jpg

ドレス下部のパターン


100920t.jpg


100920u.jpg



テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用

いよいよ今日はイベントだっ!


Category: 創作人形 > Bisque Doll   Tags: ---
1top090428.jpg
Doll : Koitsukihime < Angelic Maiden >

いよいよ今日は待ちに待ったイベントの日です (≧m≦)
うぅ~~楽しみ! っていうか、ちゃんと起きて出発できるのだろうか(爆)

Superfrock の C&D にもお逢いできるし、 姫先生のドールも見られるわ~~
会場に行かれない方に少しでも気分を味わって頂けたら、、、という想いを込めつつ
うちのお嬢さんの写真をUPしてゆきます。

090428bs.jpg


テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用

VICTORIAN TWINS


Category: 創作人形 > Bisque Doll   Tags: ---
090422a.jpg

先日、浅草橋のパラボリカ・ビスさんで開催中の恋月姫先生の人形展
< VICTORIAN TWINS >を見に行ってきました。 

全部で15体ぐらいのドールがいたでしょうか・・・
やっぱり素敵ですね~  夢見心地になってしまいます。
フライヤーに使われている双子は一番大きなサイズのビスクで、とても迫力がありました。

特に、展示スペースの突き当たりに居た、シャムの双子。 素晴らしかった。。。
目が離せなかったです。
あの子達が着ていたドレスも本当に素敵で、うちのお嬢さんにも
ああいうドレスを作ってあげたいと思いましたね。 また頑張って作ろうかな。。

そして、4月29日から5月10まで原宿のラフォーレで HARAJUKU DOLLS EXHIBITION が開催されます。
090422c.jpg

ここでもまた、姫先生の作品を拝見できるんですよね~ 出展ドールはガブリエル他となっています。
新作の AngelicMaiden -Little ARIEL- や Lilliel / Nephilim も見られたら嬉しいな♪
このイベントにも行く予定なのでとても楽しみです。 

090422b.jpg

VICTORIAN TWINS は本日26日までです。
テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用

最愛のお嬢様 


Category: 創作人形 > Bisque Doll   Tags: ---
090105.jpg

新年早々、かな~り出遅れましたぁ~ (^▽^;)>゛
皆様、明けましておめでとうございます   本年もどうぞ宜しくお願いします♪

090105c.jpg

今年最初の登場は、目下わたしが溺愛しているお嬢。 昨年から我が家にいるのですが
お披露目するのは今回が初めて。
現代創作人形作家の 友重のりこ先生のビスクドールです。

友重先生の作品は以前から何度も拝見したことがあったのですが、このお嬢に関しては
ビスクドール展の会場を回っていた時、バチっ  もぅ即決  
偶然の出会いじゃなくて「必然」だと思えるぐらい、すでに我が家に馴染んでいます (≧m≦)

友重先生の作品を拝見すると、いつも頭に思い浮かぶのがこの名画

090105e.jpg
ヴェラスケス - Velázquez, Diego Rodríguez de Silva- の 「ラス・メニーナス:宮廷の侍女たち」です。
友重先生の作品は、ご覧になったことがある方はお分かりになると思いますが、
体のバランスがとても独特なんです。 大きな頭に、むっちりとした幼い手足。
幻想的ともリアルとも違う、う~~ん、なんというか、、まるで絵画から抜け出したようなんです。
そう絵画の世界なんですよ。

090105d.jpg

今回の写真。 実は、、衣装はお迎え当初からのオリジナルですが髪型を大きくイジってしまっています。
作家の方の許可もなく、髪型を変えて Web 上にUPしていいものか・・・ 
なのでちょこっとお披露目です (≧m≦)
ラス・メニーナスに描かれた 王女マルガリータ のようなドレス、似合いそうですよね・・・
いつかチャレンジしたいないと思います。

090105b.jpg


P.S.一週間も更新をサボっていた言い訳・・・
またしても大掛かりな部屋の模様替えをしていたからなのでした 
暮れにやるのは大掃除ですけれど、私の場合なぜか掃除の域を超え、模様替えになってしまうんです。
ヘロヘロのクタクタですが、これでまた撮影のし易い部屋になりました 
テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Search this blog
 
 
 
Category
 
Monthly Archive
 
Profile

COCO

Author:COCO
夜な夜な獲物を探しさまよう
不規則生活な
人形地獄からの使者。

 
 
Ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
56位
アクセスランキングを見る>>
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。