人形地獄に堕ちて・・・

         人形地獄に堕ちた私の日々つらつら

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家2体目の Antique Bisque


Category: 創作人形 > Bisque Doll   Tags: ---
101106a.jpg

先にお迎えしたフレンチ BEBE ドールは<遊ぶ>ってタイプのドールではないので、
お着替えをさせたりもっと気軽に遊べるドールが欲しくなり、ドイツのアンティークドールをお迎えしてみました。

※アンティークドールは怖いと感じる方もおられると思うので、そういう方は今回の記事はパスして下さい。
 でも、是非3・4年経ってからもう1度ページを見て頂きたい。 たぶん見え方が変わっていると思いますよ。


101106b.jpg

この子は、ヘッドマーク  S 9 H 1009 DEP
Simon & Halbig シモン&ハルビックという会社の モールドナンバー 1009 の9号ヘッドです。

ドイツのドールはかなりの数が売買されているしモールドの種類も多いので、
どの会社の どのモールドの どのサイズの 子をお迎えしようかとかなり悩みました。

101106c.jpg

シモン・ハルビックドールと言えば、
1078 1079 あたりの Dolly face の子や、 1248 1249 の Santa などの可愛いお顔が人気どころですよね。

が、このお嬢は可愛いというよりも、やや凄みのある、ちょっと怖さを感じるお顔をしています。
左右がもの凄く非対称な顔なので、見る角度によって表情が変わる面白さがあります。
※写真で見るよりも実物の方が不揃いだと強く感じます。
1009 というモールドは初期の Character Child Doll なのだそうです。
さらに ヘッドマークに Germany の文字が無い事から、1890 年ぐらいまでに製造されたのでは? ということでした。

101106d.jpg

私がドイツっ子を選ぶにあたって一番気にしていたことは、<視線>なんです。
ドイツっ子は左右の視線が揃っていない子が多くて、私はそれがどうも苦手だったので、なんとか揃って見える子をと。

このお嬢の目は スリープグラスアイで、ほとんど真っ黒に見えるぐらい濃いブラウンの瞳をしています。
スリープはスムーズに動きますが、私は目を閉じた時に見える瞼の部分が嫌いで、目が閉じないようにヘッド内に
詰め物をしました。 瞼の肌色部分って変色してヒビが入っていたりするので怖いんですよね・・・。

101106e.jpg

お洋服は現代の新しいものを着ていますが、下着や靴、人毛ウィッグは古いものだそうです。

101106f.jpg

まだ子供なはずなのに、おばちゃんのような貫禄もかもし出してます、、、よね (≧m≦)
このお嬢、ボディが信じられないぐらい綺麗なんですよ。




101106g.jpg       101106h.jpg

ボールジョイントのコンポジションボディ。  多少のひび割れはあるものの驚異的な綺麗さ。

101106i.jpg       101106j.jpg

手や足には赤いペイントもくっきり残っています。 

101106k.jpg

歯も4本美しい状態。

101106l.jpg

この子は20インチの手ごろなサイズなので、これからお洋服を買ってあげたり、もしくは作ってあげたり
色々楽しみたいと思っております。

101106m.jpg


テーマ : ドール    ジャンル : 趣味・実用

Comments


ふたつの世紀を越えた時の重みというのでしょうか…

ご入手され、お手にとられた瞬間のお気持ちお察しいたします。。

まさに…溜息が漏れるほどに美しいです!

あえてたとえさせていただければ、遥々アルプスの山からハイジが留学した先のお屋敷に鎮座していたかのような厳粛と高貴は、確かにおっしゃるように近寄りがたい萎縮や脅威もその最初の印象として記憶に残るかもしれませんが、、この愛しさを感じられる歳になった自分自身もまた時の重みを感慨深く想い、このような素晴しい出会いに感謝してしまいます。。

月並みですが、、この愛しき存在のほうからCOCO様にその出会いを求めていたのかもしれません、
奇跡な偶然と必然な運命に心から、、お幸せですね^^と言わせてください。。

…でも本音はちょっと、羨ましいです(照)
 

ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪
シモンハルビックだぁ~!

私、シモンハルビック、だぁ~いすきなんだよぉ♡
すんごい美人さん。
恐いなんて、ほんとに黒目がちで可憐だわん。
(うちの子は、左右の視線がやっぱりあってないや(^_^;A)

イヤン、逢いたいわぁ~♪
引っ越しして落ち着いたら、ぜひぜひ、一緒に遊びに来てぇ~(^o^)v
しかし、気軽に遊べるといっても、外出はやぱ恐いよね。。。(;^ω^)

お迎えおめでとぉ~!!
(*^ヮ゚)_∠※PON!.;+:・☆。.;+オメデトウ♪:・★'・;+
 

白蘭花san

ありがとうございます。
100年という長い歳月を生きぬいてきたこの子の幸運を、私はおすそ分けしてもらっているような気分がします。
1800年代から今日まで、どんなに沢山の出来事があって、どこを渡って
私の元にやってきてくれたのかと、感慨深いですよね。

>この愛しさを感じられる歳になった自分自身もまた時の重みを感慨深く想い
ホントですよね、それもまたしかりだと思います。
5年前なら、、私はこの子に気づかなかった、気づけなかったと思います。

私は3歳ぐらいの時に祖父から自分と同じぐらいの大きさのミルク飲み人形を
プレゼントされて、あまりの怖さに泣きまくり祖父を悲しくさせたらしいのですが、
1800年代の子供達は、こんな人形をプレゼントされていたのかと思うと
そのリッチな暮らしぶりに驚いてしまいます。 ビスクだなんてねぇ。。

でもこれだけ状態が良いってことは、、、持ち主は気に入らなかったのかな。
こんな怖い顔の人形、子供にうけたとは思えないですしね。

ドイツのアンティークドールは、今相場的にかなり値崩れしているそうで、
数年前ならば考えられないような売買価格なのだそうですよ。
そんな時代に入ってからコレクションを始めた私はラッキーでした。
 

てんこsan

てんこsanチの子もシモンハルビックですもんね。
うちの子にも、てんこsanっ子のような可愛いお洋服を着せてあげたいなぁ。。

この子の顔、ほとんどが目なんじゃないかと思うデカ目ちゃん。
私が自分の気に入った角度で振り子を留めちゃってるから黒目がちなんだけど、
詰め物をしないと、普通に起き上がった状態では三白眼になるんだよ。
かなり怖い、、、あ、いえっ、貫禄があります、貫禄です。

>一緒に遊びに来てぇ
うん、うん、喜んで。  ビスクなのはヘッドだけだから安心して運べます。
 

120年以上前に生まれたドールなんですね…!
歯がはっきりわかり、瞳も黒く見える正面からのお顔を拝見していたら、西洋人形なのになぜかお能のお面の顔を思い出してしまいましたi-229
最初のお写真では緊張して立っているような感じですが、最後の座った姿はリラックスして少し微笑んでいるようにも思えます。
ふわ~っとした肌色が綺麗で、瞳に光が当たると表情が違って見えますね。
COCOさんのようにお人形を大事にされる方の所へ来ることができて、このドールも幸せでしょうねi-179
お披露目ありがとうございます。
 

リオコsan

>なのになぜかお能のお面
あ、なんとなく分かる気がします、それ。 
たぶん ギザギザ歯 のインパクトが強いせいかもしれませんね。

アンティークドールに興味を持つ前、何を隠そう私はこのギザギザ歯が嫌いでした。
理由は不気味だから。。。  が、今は可愛らしいと思えるようになりました v-398   

>緊張して立っている・・・ 少し微笑んでいる・・・瞳に光が当たると表情が違って・・・
そうなんですよね~ 不思議なほど表情がクルクル変わって見えるんですよ。
この子を飾っている場所では瞳に光が入らないので暗い表情を見せるんですが、
抱き上げたりすると、天井のライトが瞳に映ってパっと嬉しそうな顔になります。
怒った顔に見える事のないように可愛がってあげなくては。。。
 

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
Search this blog
 
 
 
Category
 
Monthly Archive
 
Profile

COCO

Author:COCO
夜な夜な獲物を探しさまよう
不規則生活な
人形地獄からの使者。

 
 
Ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
アクセスランキングを見る>>
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。